Pマークの管理をコンサルティング業者に委ねる

Pマークを取得すると、プライバシーの保護に力を入れているということを内外にアピールすることができます。しかし、その取得のためには、まず手続きを行う必要がありますし、取得後も、プライバシーの管理に問題があれば、Pマークを剥奪されることもあります。

Pマークコンサルティングの情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

さらに、2年ごとに更新手続きを行う必要があるなど、その管理はなかなか大変なものです。

これらの問題に対する解決策の1つとしては、Pマークの一切を専門のコンサルティング業者に任せてしまうことが挙げられます。


そうすれば、その管理に人員を割かなくても良くなりますし、専門の部署に対する費用などをかける必要もありません。

OKWaveの最新情報を掲載しました。

そのため、人員を割く余裕がない中小企業の方が、コンサルティングを利用することで得られるメリットの方が大きいと言えます。

ただし、コンサルティングを利用すれば、それに対する費用はかかるということは理解しておく必要があります。

一方、大企業の場合は、その分だけPマークの管理に対するシステムの構築も大規模になるため、コンサルティング業者を利用するよりは、かえって自前の部署を構築した方が安上がりにあることもあります。

ただし、いずれにしても、状況によってどちらが有利であるかは変わってくるため、自前の部署を設立した場合の費用と比較し、どちらの方が経済的であるかどうかを確認しておくことは必須であると言えるでしょう。

なお、コンサルティング業者の中には、悪質な業者もいます。そのため、その利用の際には、事前に情報を収集しておき、Pマークの管理を任せても問題がないかどうかを確認しておくことが推奨されます。